ピルの毒性でうつ病に

満足をしている女性

パートナーの避妊に関する意識が低い時、女性は自分自身で身を守る必要にかられピルを服用するようになります。
ピルの避妊率はきちんと服用すれば100パーセントに近い効果が得られますが、感染症などに対しては効果はありません。
その上、ピルが市販されていないことも考えると、その効果には必ず副作用や少なくない危険性が伴っていることが分かります。

ピルの副作用については様々なことがあげられます。
肝機能障害や心臓・血管に対する影響、最近はあまり言われなくなってきましたが体重増加を含む諸問題が一般的です。
しかしあまり大きな問題になっていないためご存じでない方もいらっしゃいますが、ピルの副作用にはうつを引き起こすことがあります。
ピルを服用すると生理痛は緩和し、生理の周期も整ってきます。

しかしなぜか気持ちが沈み、倦怠感に悩まされ、集中できない状態が続くのです。
原因としてピルによって人工的に女性ホルモンが投与されることに関係します。
女性ホルモンは本来卵巣から分泌されるものですから、違う方法で体内に入ることで体が違和感を覚え、それがうつにつながっていると考えられるのです。
医療品としての側面だけを見て安心しきるのではなく、人工的に作られた薬ですからその毒性についても理解を持つ必要があります。

最近では低用量のピルが主流になり、その副作用も緩和されてきたというキャンペーンの声が広く聞こえますが、それは副作用がなくなったという事実ではありません。
危険性が少なくなってきたということなのです。
先にも申し上げましたが、体内に人工的にホルモンを投入する避妊方法ですから、感染症に対する効果は全くありません。
その効果と毒性を鑑みたうえで使用することをおすすめします。