• ホーム
  • ピルの服用で体調が良くなる

ピルの服用で体調が良くなる

悩んでいる女性

今、「プレ更年期」という言葉が注目されています。
一般的な更年期の場合、閉経する約10年前後40代後半から50代前半に起こる症状です。
一方プレ更年期は30代後半から、40代前半の女性に多く見られます。
更年期のは急激に卵巣の機能が低下し、ホルモンバランスが一気に崩れてしまう事で、様々な不快な症状を引き起こすのが特徴です。

プレ更年期はというと更年期の時のように、急激な変化は無いものの卵巣の機能が少しずつ落ちていく過程で、体のだるさなどを感じやすくなります。
30代後半から40代前半は仕事や子育てで、忙しいという事もあり、プレ更年期によって体調が優れないと色々と問題が起こってしまうでしょう。

プレ更年期を少しでも軽くしたいという場合、ピルによる治療がお勧めです。
ピルと言えば避妊薬というイメージがありますが、実は女性が感じる様々な不調を解消してくれる薬でもあります。
卵巣の機能が衰えると、黄体ホルモンと卵巣ホルモンという2種類の女性ホルモンバランスが崩れます。
これにより、体がだるかったりイライラする、頭痛などの症状が現れるケースがあるのです。

ピルにはプロゲストーゲンとエストロゲンという、黄体ホルモンと卵胞ホルモンと同じ作用をするホルモン剤が含まれており、服用する事によって女性ホルモンのバランスを整える効果が期待できます。
「ピルは副作用が強い薬」と考える方も多いようですが、40年ほど前のピルは高用量でしたので、副作用が強く出る場合もあったようです。
しかし、最近処方されるのはプロゲストーゲンとエストロゲンを、最小限に抑えた低用量のものですので、ほとんど副作用の心配はありません。
「最近、疲れが取れない」という時は、まずクリニックを受診してみる事をお勧めします。