ピルで旅行がお手軽に

薬を飲んでいる女性

ピルは経口避妊薬とモーニングアフターピルの2種類に分けられます。
経口避妊薬とは一般的なピルのことで、低用量が主流です。
黄体ホルモンを含んでいますが、それを基準に第1世代と第2世代、第3世代に分けられます。

さらにホルモンの用量ごとに1相性、2相性、3相性があり、錠剤数は21錠と28錠の2つです。
28錠タイプには偽約が入っています。
これは飲み忘れを防ぐ目的があります。

最初は医師と相談しながら服用しま、相性や飲み忘れなどを考慮して、自分に最適な経口避妊薬を見つけます。
経口避妊薬は月経の周期に合わせないと避妊効果を得られません。
正しく服用できれば避妊率は99.9%と非常に高いです。
薬効が24時間で、2日間飲み忘れると効果を発揮しないため、その場合は次の月経から飲み始めなければなりません。

経口避妊薬は避妊以外にも、月経の周期を正常に戻したり、月経時の症状を軽減したりする目的で処方されることがあります。
副作用は吐き気や嘔吐などがありますが、低用量ピルが最も少ないです。

一方、モーニングアフターピルは望まない妊娠を回避するための薬で、プラノバール錠とレボノルゲストレル錠があります。
レボノルゲストレル錠は新緊急避妊薬とも呼ばれており、120時間以内に服用できれば避妊効果があります。
72時間以内に服用しなければならないプラノバール錠と比べても副作用が少ないです。
価格はプラノバール錠の1.5倍程度ですが、仕事を休まなくても良いくらいの体調を維持できます。
避妊率も95%なので急を要する場面で役立ちます。
モーニングアフターピルはすぐに病院の処方を受けなければいけませんが、通販ですと簡単に入手することができるので万が一の時に備えて用意しておくとよいかもしれません。
また、ピルを通販しても早く届く場合もあるので利用してみるとよろしいでしょう。